製菓・製パン系学科

PASTRY / BREAD BAKING

みんなの疑問Q&A

進路を決定するにあたって、分からないこと、気になることがあるのは当然です。
そのなかでも多く寄せられる疑問、質問を集めてみました。

製菓技術科(2年)と製菓衛生師科(1年)では、何が違うのですか?
技術力を高めたい方は製菓技術科(2年)、製菓衛生師の資格を取りたい方は製菓衛生師科(1年)をおすすめします。 製菓技術科(2年)は、全授業時間の8割以上が製菓実技などの実習授業です。在学中の2年間、徹底して実習中心のカリキュラムを受けることによって、高い技術力を身につけます。また、製菓衛生師科(1年)は、1年間で厚生労働省が定めた科目を履修し、卒業と同時に製菓衛生師の受験資格を取得します。なお、製菓技術科(2年)の場合、卒業後2年間の実務経験を積むことで、製菓衛生師の受験資格を取得できます。
入学試験は、どのような内容ですか?
面接、適性検査など総合的に評価します。 出願方法の違いで選考方法も変わります。面接、適性検査、あるいは作文など総合的に評価します。特に面接では自分のやる気や思いなど、明るく素直に答えてください。なお、入学試験に関する詳細は「 募集要項」をご覧ください。
調理師と製菓衛生師の2つの資格を取得できますか?
取得できます。例えば調理師科1年コースや製菓衛生師科(1年)を組み合わせることで、Wメジャーが可能です。
(製菓衛生師科は卒業と同時に「製菓衛生師」の受験資格を取得)
奨学金や教育ローンの制度は、どんなものがありますか?
日本学生支援機構(旧日本育英会)の奨学金のほかに、各種の教育ローンが利用できます。 本校に在学する学生は、入学後に日本学生支援機構(旧日本育英会)の奨学金を申し込むことができます。詳しくは「 募集要項」をご覧ください。